チラシ

【補助金スタート!】子育エコホーム支援事業、続報!

待望の新規事業続報!

前回の補助金事業が期限を待たずに上限に達したという大人気支援補助金、

その後継事業「子育てエコホーム支援事業」の詳細が続々と出てきました!

「子育てエコホーム」、正直分かりづらいタイトルですが子育て世帯以外ももちろん対象です!

今回はその詳細を、リフォームを中心に確認していきましょう!

↓【子育てエコホーム支援事業の概要はコチラをタップ!】↓

新しい補助金はじまります!【子育てエコホーム支援事業】

 

----------------------------------------------------------

 

Q,子育てエコホームは子育て世帯じゃないと使えない?

使えます。

子育て世帯、若者夫婦世帯は補助額の上限が上がりますが、その他の世帯ももちろん申請可能〇

 

Q,対象工事は?

補助金申請には「必須工事」というものが施工に含まれる必要があります。

 

(1)必須

①開口部の断熱改修

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

③エコ住宅設備の設置

上記の①~③のいずれかを対象としており、カーボンニュートラルに向けての対象工事を行う事が条件となります。

(2)任意

④子育て対応改修

⑤防災性向上改修

⑥バリアフリー改修

⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

⑧リフォーム瑕疵保険等への加入・・・・7000円/契約

※①~⑧の合計補助額が5万円未満の場合は補助申請できません。

※④~⑧の単独、組み合わせ工事は対象となりません。

例外有(環境省、経済産業省が実施する他事業(窓・給湯器補助金)との補助申請で①~③に該当する工事を含んでいる場合、本事業における1申請当たりの合計補助額が2万円以上であれば併用申請可能)

「必須工事のみ」「必須+任意」などの組み合わせは可能。

 

Q,補助額は?

世帯ごとに補助額は変わります。

・子育て世帯・若者夫婦世帯:上限30万円/戸
・その他の世帯 : 上限20万円/戸


※子育て世帯・若者夫婦世帯が既存住宅購入を伴う場合は、上限60万円/戸
※長期優良リフォームを行う場合は、
・子育て世帯・若者夫婦世帯:上限45万円/戸
・その他の世帯 :上限30万円/戸

↓補助額一例↓ 

いずれも対象商品であることが条件。型番等により補助額が変わるので必ず事前にご確認ください。

↓セットプラン・その他の補助額一例↓

 

いずれも対象商品であることが条件。型番等により補助額が変わるので必ず事前にご確認ください。

詳細な対象機種はまだ未定です。(R5/12/21現在)

 

Q,申請の方法は?

本事業に登録のある事業所による施工が対象。施工を実施した登録事業者からの申請となります。

個人のお客様からの面倒なお手続きはございませんのでご安心ください。

(弊社は登録事業者です)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

リフォームの部位によっては、窓や外壁断熱、屋根天井等は大きさや断熱材の種類など、細かな設定がございます。

エコ設備等も対象商品が定められておりますので、「補助の条件がわからない」など、ご不明な点は何でもお気軽にご質問くださいませ♪

 

リフォームをご検討の方は必ず調べておきたいこの事業、

この他「先進的窓リノベ事業」「給湯省エネ事業」も申請受付中です!

ただし、先進的窓リノベ事業は予算上限間近です!ご相談時点では申請不可の可能性もございますのでご了承ください。

 

↓窓の補助金↓

窓のリフォームは過去最大の補助金がでる今!!

↓給湯器の補助金↓

エコキュート補助金制度スタート!値上げ前必見です!

 

画像クリックで拡大します

ページトップへ戻る