暮らしの雑学

【暮らしの雑学】「天然温泉」や「掛け流し」の意味

これからの時期、国内旅行と言えば人気の「温泉宿」。温泉には「天然温泉」や「掛け流し」などの説明がありますが、どんな温泉なのかご存知ですか?

天日本の場合「温泉法」という法律により、次のどちらかひとつを満たせば「天然温泉」として認められます。
●湧き出る水温が25度以上であること。
●指定されている特定成分(19種類)のうち、ひとつ以上が規定値に達していること。

一方、天然温泉の成分を人工的に加えたお湯や、天然温泉であっても「加水・加温」したり「循環・ろ過」、さらに「入浴剤・消毒剤」などを使用した場合は表示が義務化され、一般に「人工温泉(準天然温泉)」などと呼ばれます。

お湯の供給方式の違い
常に新しいお湯を給湯し、古いお湯を捨ててしまう方式を「掛け流し」といいます。特に湧き出たお湯を加工せず、そのままの状態で供給するのを「源泉掛け流し」と呼びます。
一方、お湯をろ過・加温して常に循環させ再利用するのが「循環式」です。循環式の多くは新しいお湯を加えながら循環させています。

天然と人工の違いや、供給方式の違いだけで温泉の優劣は判断できません。お湯の性質や、宿の雰囲気などを総合的に考えて行先を選んではいかがでしょう。

↓その他の雑学はこちらから↓

マメ知識|福岡県糸島市のパナソニックリフォームクラブ|雅住建 (itoshima-reform-c.jp)

ページトップへ戻る