暮らしの雑学

【雑学】感謝の気持ちを込めて「お賽銭」を!

寺社にお参りする際、御利益を願って奉納する「お賽銭」。

実は、感謝の気持ちでお供えしたのが始まりです。

起源は諸説ありますが、寺社本庁では、私たちの祖先は秋の稔りに感謝してお米を“おひねり”として供える習慣があり、

これが起源ではないかと考えています。

 

昨今のお賽銭の平均額は100円とされていますが、最近若い世代に注目されているのが5円(ご縁)を組み合わせた金額。

例えば25円(二重にご縁)や、115円(いいご縁)。

反対に避けたい額としては、75円(泣くようなご縁)や95円(苦しいご縁)など、様々な組み合わせがあるのだとか。

 

つい御利益を期待してしまいますが、まずは日頃の感謝の気持ちを忘れずにお賽銭を納めたいですね。

 

ページトップへ戻る