暮らしの雑学

【雑学】日本各地の定番「年越しそば」

大晦日に一年の締めくくりとして多くの人が食べる「年越しそば」。

なぜ食べられるようになったのかは諸説ありますが、そばは他の麺類に比べ切れやすいので、

「一年の災厄を断ち切る」という意味で、江戸時代中期に庶民の間に定着したと言われています。

 

日本各地の定番年越しそば

●北海道や京都の定番「にしんそば」
にしんの甘露煮を乗せていただきます。

●岩手の一口サイズ「わんこそば」
年越しでは自分の年の分だけ食べると長生きできると言われているそうです。

●江戸の粋を感じる関東の「おかめそば」
かまぼこ・海苔・青菜・椎茸などを「おかめの顔」のように乗せて食べるそば。

●福井の「越前(おろし)そば」
大根おろしをかけた冷たいそば。年越しには温めて食べることもあります。

●他に、香川ではそばの代わりに「うどん」、
 沖縄では「中華めん」が主流だそうです。

 

最近は、そばと「ワイン」のマリアージュがブーム。

そばの出汁や具材に合うワインを揃えるそば屋や、そばをメニューに加えるワインバーが増えてきているのだそうです。

今年の年越しに試してみてはいかがですか?

 

ページトップへ戻る