お知らせ

こどもみらい住宅支援事業、START!

令和4年から新しくはじまる「こどもみらい住宅支援事業」をご存じでしょうか?

子育て世帯・若者夫婦世帯を中心に、所定年齢以上のほぼ全世帯対象、新築またはリフォームを検討されているご家庭必見の新制度です。

使わないと絶対損!今回は新設された補助金制度でリフォーム対象を中心に確認していきましょう(^^♪

 

♦こどもみらい住宅支援事業の目的は?

省エネ性能の高い新築住宅や省エネ改修(リフォ―ム)等に対して補助することで、子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得の際の負担軽減

また、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事。

(つまり、地球に優しいエコ住宅を作ってくれたら国が補助金出しますという制度。若い人達には優遇しますというオプション付き)

♦補助対象は?

こどもみらい住宅支援事業

↓対象となるリフォーム工事↓

こどもみらい

http://詳細は画像をタップ!

【重要】リフォーム対象となる必須工事として、家事負担軽減のためのビルトイン食洗器掃除しやすいレンジフードへの改修、防犯性の向上や騒音対策による窓・ドアへの交換、断熱改修キッチン、お風呂、バリアフリー(手摺や段差解消など)空気清浄や換気、エアコン設置などがあります。

必須の改修項目と合わせてオトクにあれもこれも補助金活用したいですね。

↓水廻りの補助金額は下記をご参照ください(その他補助額もお問合せください)↓

リフォーム

♦補助額はどのくらい?

リフォーム

全世帯対象・・・・・・・・・・補助額上限30万円/戸

子育て世帯・若者夫婦世帯・・・・・・・補助額上限45万円/戸(申請時点の条件有)

既存住宅購入・・・・・・・・・・・補助額上限60万円/戸(諸条件確認必須)

↓詳細は画像タップで公式HPへ↓

こどもみらい支援事業

♦期間はどのくらい?(延長決定!!!)

♦対象住宅:令和3年11月26日以降に契約がされている住宅

♦事業者登録の開始:令和4年1月中旬以降(事業者登録完了後に工事着工)

※弊社登録済み

♦補助金の申請期間:令和4年3月ごろ~令和5年3月31日まで延長(補助額以上の出来高がある事)

♦事務局への完了報告期間:戸建住宅→令和5年5月31日(その他共同住宅の階数により報告期間が変動)

♦他の補助金との併用はできる?

【リフォームの場合】

リフォーム工事を対象とする補助制度とは併用はできませんが、各補助金制度で対象とするリフォーム工事と本事業で対象とするリフォーム工事の請負工事契約が別であれば併用が可能な場合があります。

併用可能な減税制度もございます。➡リアフリーリフォーム減税等←詳しくはこちらをクリック

 

♦まとめ

いかがでしたか?

これから新築、またはリフォームを検討されている方にはぜひとも活用したい補助金制度ですね♪

 

こどもたちのみらいの為に、省エネ、脱炭素に向けた取り組みが各企業でも増えてくる事でしょう。

自分にも、明るいみらいのためにも、今できる事、ぜひ有効にご活用ください。

 

対象工事や期間についてなどご不明な点はたくさん出てくると思います。

どんな事でもお気軽に、まずはご相談くださいませ(^^♪

無料の資料請求、無料お見積もり、なんでも承っております。

詳しくは無料資料請求ページ、お問合せフォーム、もしくはフリーダイヤル0120-664-110まで🎵

ページトップへ戻る